​ZOO BE ZOO BE ZOO

ジャズ、スカ、ロックステディ、レゲエ、カリプソ、クレズマー等の音楽を取り込んだジャマイカン・ジャズバンド。

オーセンティックなサウンドを志し、2016年結成。

2018年に自主制作で、1stミニアルバム『Introducing』を発表。

 

メンバー

 上野 まこと tenor sax

 河原 真彩 trumpet

 八木橋 恒治 guitar

 服部 将典 bass

 北野原 光生 drums

 ゲスト 井高 寛朗 keyboard

Introducing』曲解説

 01.Misirlou

  ギター八木橋恒治を前面に押し出した曲が欲しいなと思い、スカアレンジしたギリシャ民謡?

  映画パルプフィクションで有名になった曲である。

 02.Go Home

  学生時代に海外ドラマの"ツインピークス"が好きで、特に"赤い部屋"のシーンで流れる曲みたいなのがシブイ!と思っていた。

  ある日、スペシャルズを聴いていたら、ツインピークスとクロスオーバーして出来たAlcoholのリスペクト曲。

  プラスして怪しいサーカス団のイメージを膨らませアレンジ。
 03.Crazy

  スカタライズのRoland Alphonsoが好きで、彼の奏でる"Maria Elena"をリスペクトしたカントリーの名曲。
 04.First Southerly Wind Of Spring

  オルガンでカリプソやりたいなぁと思って書いた、ピアノ井高寛朗をフィーチャーした曲。

  私の手違いでレコーディングの時にオルガンが用意出来ず、キーボードで代用したのだが、逆にそのチープさが味に。
 05.Shady Dance

  このバンドのために初めて書いたオリジナル。

  昔、あるライブハウスで流れてた起伏のないドス暗い雰囲気のサウンドがずっと片隅にあって、もやもやしていた。

  クレズマー要素を取り入れ具現化。
 06.Dig In

  おまちください